どこに出店するべきか見極めも重要

content

どこに出店するべきか見極めも重要

コインランドリーの需要は増えていくか コインラ…

READ MORE

コインランドリーを経営するなら今がチャンス

最近人気のコインランドリー経営は専門会社に相談す…

READ MORE

コインランドリーの需要は増えていくか

コインランドリー経営は、現在すごく人気のある分野へと発展しています。その人気は、はやり会社勤めをしながら副業として経営できる事、または会社の投資として考えられます。コインランドリーを実際に作る際の初期費用を払えば、あとは何もしなくても利益が出る。そういった安易な考え方の方々も多くいますが、実はそこまで考え方は間違っていないようです。それは、なぜかというとコインランドリーの需要が増えてきているからなんです。その背景としては、女性の社会進出(働き方改革)、夫婦共働き、高齢化などにより、コインランドリーを使用する方々が非常に増えているのです。特に上記で挙げさせて頂きましたが、女性の社会進出により女性から圧倒的な支持を頂けている事が需要向上に繋がっていると思います。
また、特にマンションなどは、洗濯物を干すスペースが少なく、毎日服などを干すのでいっぱいいっぱいとなり、布団などの大きな洗濯物ができないことで、コインランドリーが便利という見解もあります。コインランドリーに行けば、洗濯のみならず乾燥まで短時間でできることが需要向上に繋がっています。コインランドリー経営は、年間で300~500店舗増えているのが現状ですので、コインランドリー経営を考えている方々は、早めに開業ができるように専門家に相談から始めていきましょう。

コインランドリー経営を行う際の維持費はどれくらいかかるのか

コインランドリー経営は、投資の一つとして非常に人気のある分野となります。しかし、実際にコインランドリーを開業始して、これしか利益がでないのか、むしろマイナスとなり頭を悩ます経営者の方々います。しかし、投資の一つとして人気があるのは当然その需要が高いからです。ですので、コインランドリー経営はやらない方が良いではなく、コインランドリー経営を行う前にしっかりとランニングコスト=維持費を算出しておく必要があるのです。
大まかな維持費とあげれるのが、家賃、水光熱費、雑費、人件費のこの4項目となります。家賃は、特に中心部に行けば行くほど高くなります。もちろんその分、人口密度が高くなるので需要はあると思います。しかし、できるだけ家賃が低い方が良いです。自分の使用していない私有地を利用するのがコインランドリー経営の成功と考えられていますが、まずは家賃の低い場所を探す事が必要です。
家賃を下げる理由としては、やはり洗濯機械を扱いますので、水光熱費が多くかかることです。また、コインランドリーで働く人はあまり見ないと思いますが、清掃などを行うスタッフがいるのでもちろん人件費もかかってきます。まずは、コインランドリー経営を考えた際は、家賃や水光熱費などの予想などを含めた専門家への相談が必要ではないかと思います。

Copyright(C)2018 ニーズの高まるコインランドリーを経営するなら専門家に相談 All Rights Reserved.